HOME制度運用上のポイント >制度の運用について>指定管理者制度の運用についてⅠ(プロセス)
見出し
指定管理者制度の運用についてⅠ(プロセス)
spacer
 

指定管理者制度の運用プロセスは、大きく以下の段階に分類することができます。

1.制度適用の検討

・施設の存続、廃止

・管理運営主体の検討(直営、指定管理者)

2.管理方針の検討

・選定方法(公募、非公募)

・指定期間

・開館時間、休館日

・指定管理者の業務の範囲

・利用料金制度

3.議会の議決(条例制定・改正)

・設置条例の制定、改正(指定の手続き、管理の基準、業務の範囲、開館時間、休館日、使用許の基準、使用制限の要件等)

4.公募準備

・選定方法、選定基準の決定

・募集要項等の作成

・債務負担行為の設定

5.公募

・公募の周知

・説明会(募集説明会、現地説明会)の開催

・質問の受付、回答

・応募の受付

6.選定

・選定(審査)委員会の開催

・候補者の決定

7.管理運営準備Ⅰ

・仮協定書の締結

8.議会の議決(指定)

・指定の議決(施設の名称、指定管理者となる団体の名称、指定期間等)

9.管理運営準備Ⅱ

・協定書の締結

・引継ぎ

10.運営(指導・監督)

・事業計画書の確認

・業務報告書(毎月)の確認

・事業報告書(毎年)の確認

・法令等要件に伴う各種点検調査報告の確認

・経営状況等の把握

・臨時調査の実施

・評価の実施